製品案内

熱交換器のカンセツ産業株式会社 トップページ > 事業案内 > 取扱製品一覧 >熱交換器 >投込み式(リアクターコイル型)テフロン製熱交換器

投込み式(リアクターコイル型)テフロン製熱交換器


特長

投込み式(リアクターコイル型)テフロン製熱交換器

リアクターコイル熱交換器は浸漬型で、撹拌機付製造タンクや貯槽の腐食性液の加熱や冷却用に設計しています。 特に、リアクターコイルは腐食性液のクリスタライザーの冷却器に適しています。例えば、50%苛性ソーダの精製工程でのグラウバー塩 (硫酸ナトリウム水和物)の回収、廃酸洗液からの硫酸鉄の分離用途などです。クリスタライザー工程において、テフロン特性の平滑なチューブは リアクターコイルに付着する結晶をソフトに除去します。 このリアクターコイルの優れた熱伝導はクリスタライザー効率を改善して、結晶サイズを正確にコントロールすることを可能にします。


用途

撹拌槽、廃酸濃縮回収用、晶折器(グラウバー塩の回収)

仕様

チューブ:OD.3.175mm×ID.2.54mm
OD.2.54mm×ID.2.03mm
チューブ数:160本、280本、500本
チューブ長さ:3ft−6ft
伝熱面積:1.3?−22.8?
チューブ材質:テフロン®FEP、テフロン®PFA
総括電熱係数
"Q"チューブ:300〜600(Kcal/?.h.℃)
FEPチューブ:200〜300(Kcal/?.h.℃)

製品画像



戻る  製品についてのお問い合わせはこちら