製品案内

樹脂熱交換器・プラスチック熱交換器

この製品の納入実績はこちら


特長

CALORPLAST熱交換器は、耐熱ポリエチレン、ポリプロピレン、PVDF(2フッ化ビニリデン)の樹脂を使い、その特性を最大限に生かした熱交換器です。1980年にドイツ、CALORPLAST社にて開発されました。以来、各業界のいろいろな分野に使用されています。

CALORPLAST熱交換器は
1.イマージョン型:槽内浸漬用
2.チューブプレート型:外部循環用
3.ガスリキッド型:ガス加熱・冷却用
の3種類があり、それぞれのタイプはお客様の御仕様に応じて自由な設計ができるようにモジュール設計を基本としています。

【特長】
■優れた耐薬品性
■限られたスペースに大きい伝熱面積
■同じ材質で熱交換器が構成されている
■伝熱チューブの間隔が同一寸法になっているので、チューブ同士の触れ合いはありません
■モジュール設計のため自由設計ができます
■スケーリングが少ない
■チューブは熱や機械的衝撃に強い
■特徴のあるチューブ配列により伝熱係数が高い
■蒸気使用は2.0bar、140℃まで可能


納入実績

  • 2003年 化学関連
  • 銅製蛇管から耐熱PE樹脂製のCalorplast Immersion型コイルにリプレースした。伝熱チューブ表面に付着した硫酸鉄は温水スプレーによる洗浄で簡単に除去され順調に稼働中です。

この製品の納入実績はこちら



戻る  製品についてのお問い合わせはこちら